お知らせ
お問い合わせ

ご質問等ございましたら直接お電話、もしくは下記のフォームより必要事項をご記入の上送信ください。
内容を確認の上、担当者から折り返しご連絡致します。

0438976322

0438976322

(受付時間/10:30~18:30 土・日曜日定休)
※上記時間外は転送により対応致します。

入力フォームに必要事項をご記入のうえ、【確認画面へ】をクリックしてください。 送信内容の確認画面に進みますので、内容をご確認後【送信】をクリックしてください。

未来に向けて

将来の生活に必要な要素

わたしたちが当たり前に過ごしている日々の生活の中には色々な事が含まれています。

これは障害のある方が大人になった時も同じで、生きて行く為に必要不可欠なものです。

生活に必要なもの

ご飯を作る・食べる、洗い物をする、洗濯をする・たたむ、お風呂に入る・洗う、トイレに行く・洗う、ごみを捨てる、家電を使う、買い物をする、お金を払う・得る(直接・振込)、風邪をひいたら病院へ行く・休む・薬を飲む、色々な手続きをする、仕事をする、趣味を行う、電話をする、交通機関を使う 人付き合い、誰かに手伝って貰う、仕事と休みを両立しながら毎日の生活を維持する、支えてくれる友達・同僚・家族 などなど・・・

こうやって書き出してみると、とても多くの事を当たり前にこなして生活していると感じると思います。

障害のある方のほとんどが、こういった必要不可欠な事を自分でする事のどこかに、不便や苦労、無理があるのではないでしょうか?

もちろん勉強や作業といった療育の一部分は生きる幅を広げる意味でとても大切だと思います。ただ本当の意味でお子様が将来、もっともっと笑って幸せに生きて行く為には、それだけではなく将来の生活全体の中で足りない力(心・体)をどう伸ばしていくか、それでも足りない部分を様々な場面で様々な人々に助けて貰う為の力を含めた「広い意味での療育」を今から積み重ねていってあげる事が必要なのではないでしょうか?

福祉制度を利用する事について

「子は親が家で見るもの。親や家族がいるから大丈夫。祖父母が近くにいるから大丈夫。」

今、こう考えている方もたくさんいらっしゃると思います。

確かに自分の子だから社会に負担を掛けずに一緒に生活して行くという真面目な意見だと思います。

 

でも、お子様より長生きして、ずっと見てあげられますか?

家族に介護などの別の負担が増えても、変わらず支えてあげられますか?

足りない力だけを他人に上手に助けて貰う積み重ねを長くしてあげないで、見れなくなってから預けるのでしょうか?

お父さん・お母さん・ご家族は、あたり前に皆が持っている「自分の時間」がありますか?

 

様々な障害の為の福祉制度がありますが、全部家族で担うのが容易でないから、障害の為に取組む事の全てを家族だけでやってあげる事が難しいからこそ、社会全体で支えようという風潮や多くの福祉制度が存在しているのだと思います。

 

全て社会に任せるという事ではありません。

全部自分がではなく、親としてやってあげたい所、任せる事でみんなが幸せに歩ける所を、親として一生懸命選択して欲しいのです。

そうする事で生まれた時間やゆとりがあるからこそできる、「親にしかやってあげられない事」があると思います。

そして、少しだけ色々な事に多く時間が必要なお子様だからこそ、歯を食いしばりながら急いでではなく、長い目でゆっくりと確実に未来に向けて積み重ねていって欲しいと思っています。

大人になってからの福祉制度

自立訓練 自立した日常生活・社会生活ができるように必要な訓練を行います。
就労移行支援 一般企業等への就労を希望する方に就労に必要な知識・能力の訓練を行います。
就労継続支援A・B 一般企業等での就労が困難な方に働く場の提供、就労に必要な知識・能力の訓練を行います。
生活介護 常に介護を必要とする方に、生活に必要な介護などを行います。
創作・生産活動の機会を提供します。
グループホーム 共同生活を行う住居で相談や生活に必要な支援を行います。
居宅介護 自宅で生活に必要な介護などを行います。
重度訪問介護 常に介護を必要とする重度肢体不自由の方に自宅で生活に必要な介護や移動支援などを総合的に行います。
重度障害者等包括支援 介護の必要性が非常に高い方に居宅介護等の複数サービスを包括的に行います。
療養介護 医療と常時介護を必要とする方に、医療機関での機能訓練や療養管理・看護・介護などを行います。
短期入所(ショートステイ) 自宅で介護する方が病気などの場合に夜間も含め短期間、生活に必要な介護などを行います。
施設入所支援 施設に入所して、生活に必要な介護などを行います。
行動援護 自己判断能力により支援を必要とする方に危険回避に必要な支援、外出支援を行います。
同行援護 視覚障害により行動に支援が必要な方に外出時の生活に必要な介護・支援などを行います。
PageTop